自費出版のご案内




弊社のスタッフが本づくりをお手伝いいたします。故人の原稿を遺稿集にまとめたり、
回想録や追悼集をつくったり。故人を偲び、ご事績を代々語り継ぐよすがとなることでしょう。
もちろん今までの思い出をまとめた自分史、ずっとあたためてきた原稿、小説、詩集、旅行記、論文集なども、
イメージ通りの本におまとめいたします。ご予算、用途に応じて以下のコースを設定いたしました。


3タイプの製本様式をご用意しております。


ご希望の本づくりに最適な製本様式をお選びください。
これ以外の判型、ページ数など、ご要望に応じますので、お気軽にご相談ください。


社史・自分史コース(1色刷り)

社史、回想録や遺稿集、自分史など、
しっかりしたつくりで長く手元におきたい造本におすすめ

書籍(ハードカバー)スタイル

いわゆるハードカバータイプで、高級な書籍に多くみられます。
長期の使用、保存に耐えられる品質と堅牢さが特長です。

A

B

C

D

B6判

B6判

A5判

A4判

約100ページ

約150ページ

約150ページ

約100ページ

300部

300部

300部

300部

100万円

150万円

180万円

250万円

 

記念史コース(1色刷り・オールカラー)

小説、旅行記など、やわらかい内容の原稿を
本にしたい場合、論文や記録、短い原稿などにもおすすめ

雑誌スタイル

印刷された表紙で本文をくるみ、三方を裁ち落とした簡単な製本様式。
単行本、文庫本、カタログなど、最も広く用いられています。

A

B

C

D

A5判
(一色刷り)

A5判
(一色刷り)

A4判
(オールカラー)

A4判
(オールカラー)

約40ページ

約60ページ

約24ページ

約32ページ

300部

300部

300部

300部

80万円

100万円

150万円

250万円

 

会社案内・パンフレットコース(オールカラー)

事業案内や製品パンフレットに好適な大判サイズで
少ページのスタイルです

パンフレットスタイル

中綴じの小冊子。各種のパンフレットや、ページ数の少ない雑誌にも見られます。

A

B

C

A4判

A4判

A4判

4ページ

8ページ

16ページ

300部

300部

300部

40万円

60万円

100万円

※ワープロまたはパソコンのテキストデータをいただける場合には、入力相当代金をサービスいたします。
オプション(別途お見積もりいたします)
・カラーページ挿入 ・写真、グラフ、図等の挿入 ・専門ライターによる取材、原稿作成
・書店注文コード取得 ・首都圏以外での取材・打ち合わせ(実費を頂戴します)

本作りのQ&A

どのような内容の本でもつくれるのでしょうか?

故人のご事績をまとめた回想録、遺稿集から、社史、自分史、記念誌、小説、詩集、論文集など、どのようなジャンルでも対応可能です。まずはご相談ください。

原稿を自分で書かなくてもつくれますか?

オプションで専門ライターが資料の整理・収集から取材、原稿の作成までお引き受けすることも可能です。内容により価格が異なりますので、詳しくはご相談ください。

原稿はあるのですが未整理です。本にできますか?

一度拝見してから、必要であればこちらできちんとした形に再構成し、お客さまの納得のいく形に仕上げます。手書き原稿はテキストの入力から、メモ・ノート類からの原稿作成もお引き受けいたします(別途料金のかかる場合があります)。

費用はどれくらいかかるのでしょうか?

目安となるコースを設定いたしました。費用は体裁、部数、写真・図版の有無などによって変わってきます。ご予算に応じて最適な形をお選びになれるようご説明いたしますので、お気軽にお見積もりをご依頼ください。
下記PDFをプリントし、FAXでお送り下さい。

お見積もり依頼書(PDFデータ)

書店で注文することができる本をつくれますか?

ISBNコードをつけて、関連会社の水曜社より書店で流通させることも可能です。別途料金がかかりますのでご相談ください。

詳しくはこちら「委託販売サービス」をクリック。

お見積もり依頼書により取得する個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的

「お見積もり依頼書」により取得したお客様の個人情報は、お見積もりの作成および作成したお見積もりの送付のみに使用させていただきます。

2.個人情報の第三者への提供

当社では、法令に基づく場合を除き、「お見積もり依頼書」により取得したお客様の個人情報を、ご本人の承諾なく第三者に提供することは致しません。

3.開示対象個人情報について

この業務で取得する開示対象個人情報について、利用目的の通知の請求、情報の開示の請求をすることができます。また、個人情報の訂正、追加又は削除の請求及び利用又は提供の拒否をすることもできます。また、開示対象個人情報に関する事項の内容は以下の通りです。事業者の名称→(株)青丹社、個人情報保護管理者の氏名、所属、連絡先→下記6、すべての開示対象個人情報の利用目的→上記1、開示対象個人情報の取扱いに関する苦情の申し出先→下記6、認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申し出先→一般財団法人日本情報経済社会推進協会 個人情報保護苦情相談室 電話03-5776-1379 フリーダイヤル0120-700-779、開示等の求めに応じる手続→当社ウェブサイト「個人情報保護方針」の「開示等の求めに応じる手続について」をご覧下さい。

4.個人情報の共同利用

上記個人情報は、上記利用目的の達成に必要な範囲内において、(株)水曜社(出版社)と共同利用させていただきます。共同利用する個人情報の管理者は、(株)青丹社とします。また、共同利用についての問い合わせ先、共同利用の内容、共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、共同して利用する者の利用目的、共同して利用する個人情報の管理について責任を有する者の氏名、取得方法につきましては、当社の「個人情報保護方針」の4.共同利用についての通りとさせていただきます。

5.個人情報記載の任意性

「お見積もり依頼書」には、お客様のお名前、ご住所、電話番号、電子メールアドレス、年齢、ご職業を記載していただきますが、これらすべてを記載するかどうかはお客様のご判断によります。ただし、すべての項目を記載いただけない場合は、お見積もりをお出しすることができない場合があることを予めご了承ください。

6.個人情報の取扱い、苦情及びご相談に関するお問い合わせ先
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-14-12 玉屋ビル2F
株式会社青丹社
個人情報保護推進事務局 西口雄太郎
電話 03-5379-2241 にお問い合わせください。

 

その他のサービス

お客さまのご希望により、次のようなサービスもご利用できます。

  1. 発送代行
    完成した本の発送業務を実費にて代行致します(別途見積り致します)。

  2. 広告掲載
    新聞・雑誌等に広告掲載をご希望の方には、別途費用にて仲介致します。

  3. その他
    チラシ、発送用封筒など販売ツールを格安にて作成致します。


自費出版以外の出版について

自費出版は、著者が100%の費用を負担して書籍を出版することですが、小社の企画審査を合格した場合は、小社が50%以上の費用を負担して出版することも可能です。良い企画内容の自信作をお持ちの方はぜひご一報ください。

お問合せ 株式会社 青丹社 担当:仙道
TEL.03.5379.2241 FAX. 03.5379.2244

このページのトップへ

 

■■株式会社 青丹社 (C)2012 seitansha All Rights Reserved.